0歳児3人につき保育者1人以上、1・2歳児6人につき保育者1人以上・・・と、2歳児未満は、多くの子どもを保育園で預かることができません。(国の保育士配置基準による)

そのため、どうしても低年齢児の待機児童が増えてしまいますが、その解消のために、「家庭的保育事業」が行われています。